小沢一郎氏の怒りの矛先は安倍首相!! 黒川氏の賭け麻雀疑惑報道に「法を変えてまで検事総長に起用しようとした総理大臣」

2020年5月20日 20時47分

このエントリーをはてなブックマークに追加
小沢一郎氏

小沢一郎氏

  • 小沢一郎氏
 元自由党党首で現在は国民民主党に所属する小沢一郎氏(77)が20日、東京高検の黒川弘務検事長(63)が賭けマージャンをしていた疑いがあるとニュースサイト「文春オンライン」で報じられたことについて、自身のツイッターを通じて、見送りとなった検察庁法改正案を絡めながら怒りの意思を示した。
 「このような人物を得難い人材として法解釈をねじ曲げてまで、挙げ句検察庁法を変えてまで、検事総長に起用しようとした総理大臣」とつづり、安倍首相の資質についても「自分達の不正隠蔽・揉み消しの手先として有能ならば後はどうだっていいと。国民はいい加減目を覚まさないといけない。こんな総理大臣では、この国は本当に終わってしまう」とした。
 政府は1月、定年延長がうたわれていない現行の検察庁法の解釈を変更し、黒川氏の定年を8月まで延ばすことを閣議決定。稲田伸夫検事総長(63)の後任に起用されるかが注目されていた。検事総長などの定年を最長3年間の延長可能とする検察庁法改正案については政府・与党が今国会での成立を見送ることに決めた。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ