本文へ移動

宇野昌磨が3回転半ー4回転トーループの大技挑戦 着氷できそうな雰囲気を漂わせる【フィギュア国別対抗戦】

2021年4月16日 14時05分

このエントリーをはてなブックマークに追加
男子SPで演技する宇野昌磨

男子SPで演技する宇野昌磨

◇16日 フィギュアスケート・世界国別対抗戦 男子シングル公式練習(丸善インテックアリーナ大阪)
 2018年平昌五輪銀メダルで前日のショートプログラム(SP)は9位と振るわなかった宇野昌磨(23)=トヨタ自動車、中京大=はフリー演技の冒頭に組み込んだ大技、トリプルアクセル(3回転半)からの4回転トーループの連続ジャンプに何度も挑戦した。
 3回転半―4回転トーループの連続ジャンプは4度挑戦したが、いずれもトーループで転倒。ただ、あともう少し回ると着氷できそうな雰囲気は漂わせた。観客の後押しによりアドレナリンが出れば、大技成功の可能性は十分にある。
 宇野は午後6時33分に演技を始める予定。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ