本文へ移動

9回142球の影響は!?…堀内恒夫さんが持論展開「次の登板まで1週間もあるからねぇ」

2021年4月16日 12時50分

このエントリーをはてなブックマークに追加
堀内恒夫さん

堀内恒夫さん

 元巨人監督の堀内恒夫さんが15日、自身のブログを更新。自身の経験を交えて、次回登板に影響を及ぼす球数について持論をつづった。
 巨人の今村が11日の広島戦(マツダ)で9イニングを142球で完投勝利を挙げたことに関して、読者が「次回登板に影響したりするものなのでしょうか? 100球で降板した時とでは疲労の抜け具合など変わってくるのでしょうか?」と質問。それに対して堀内さんは「しません!(笑)」と断言した。
 「なぜなら、次の登板まで1週間もあるからねぇ。だから疲労の抜け具合も関係なし」と理由を説明し、「俺の経験だとあ~今日は投げたなぁ。疲れたなぁ。と思った時は200球投げた時だったね(笑)」と自身の体験を紹介した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ