本文へ移動

地区リーダー、大規模災害にも対応 永平寺町消防団が支援員制度

2021年4月16日 05時00分 (4月16日 16時40分更新)
谷口団長(左)から辞令を受け取る椛山さん=永平寺町永平寺開発センターで

谷口団長(左)から辞令を受け取る椛山さん=永平寺町永平寺開発センターで

  • 谷口団長(左)から辞令を受け取る椛山さん=永平寺町永平寺開発センターで
  • 代表で辞令を受けた椛山さん(中央)=永平寺町永平寺開発センターで
 国や県が推進する「大規模災害団員」制度について、永平寺町消防団は、町内各地区自主防災組織のリーダーを同団員に位置付け、「大規模災害時活動支援員」と銘打って活動していく。自主防災組織リーダー全員でこの肩書で活動するのは県内では初めての取り組みで、全国的にも先進モデルとなる。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報