本文へ移動

県産の木材でコロナ対策を 県庁西庁舎で製品展示

2021年4月16日 05時00分 (4月16日 12時01分更新)
県産木材のフレームでできた飛沫防止パネル=県庁西庁舎で

県産木材のフレームでできた飛沫防止パネル=県庁西庁舎で

  • 県産木材のフレームでできた飛沫防止パネル=県庁西庁舎で
  • テレワーク用の半個室ユニット「SOHO BOX」=県庁西庁舎で
  • 1人用のワーキングスペースを確保できるパーティション=県庁西庁舎で
 県産木材を用いた新型コロナウイルス対策の製品の展示が十五日、県庁西庁舎一階ロビーで始まった。飛沫(ひまつ)防止用のパネルやテレワークに役立つパーティション(間仕切り)などが並ぶ。土日を除く二十二日まで。 (浅井俊典)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

愛知の新着

記事一覧