本文へ移動

年中行事の記録や桜描いた屏風など展示 松阪・旧長谷川家

2021年4月15日 05時00分 (4月15日 12時08分更新)
春にまつわる資料が並ぶ会場=松阪市の旧長谷川治郎兵衛家で

春にまつわる資料が並ぶ会場=松阪市の旧長谷川治郎兵衛家で

  • 春にまつわる資料が並ぶ会場=松阪市の旧長谷川治郎兵衛家で
  • 吉野山の春景が描かれた「芳野山実景図屏風」=松阪市の旧長谷川治郎兵衛家で
 江戸時代に松阪木綿の商いで栄えた松阪市の豪商宅「旧長谷川治郎兵衛家」(重要文化財)で、長谷川家に伝わる春にまつわる資料を集めた企画展「長谷川家の春」が開かれている。三〜四月に行われていた年中行事を記録した文書や、桜をモチーフにした美術工芸品など六十五点が並ぶ。六月十三日まで。 (望月海希)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

三重の新着

記事一覧