本文へ移動

越前町グルメ 「NEW舟盛」 4〜10月 カニの時季以外限定 

2021年4月15日 05時00分 (4月15日 09時38分更新)
旬の魚介を舟盛りにして、アヒージョなどに味を変化させても楽しめる「越前NEW舟盛」=越前町観光連盟提供

旬の魚介を舟盛りにして、アヒージョなどに味を変化させても楽しめる「越前NEW舟盛」=越前町観光連盟提供


 越前町で水揚げされた旬の魚介類を舟盛りにして、手巻きずしやスペイン料理の一種アヒージョなどでも楽しめる「越前NEW舟盛」が誕生した。冬場のカニシーズンを除く四〜十月に海岸沿いの旅館や料理店で新たなご当地グルメとして売り出し、年間を通じた誘客を目指す。 (清兼千鶴)

 弱点補い通年誘客

 越前がにのシーズンには多くの観光客らが訪れるが、冬場以外の集客に弱点があった。このため、越前町観光連盟と事業者、専門家が二〇一九年から検討を重ね、舟盛りを味を変えながら楽しめる体験型のご当地グルメが完成した。
 越前NEW舟盛のルールは▽越前漁港で水揚げされた魚介類が七種類以上▽刺し身を「味変」できる▽食を「体験」できる▽米は福井県産米▽カニシーズン以外の四〜十月に限定提供−の五項目。今は旬のハマチやホタルイカ、アマエビなどを刺し身で味わった後、各施設が用意する調理法で味を変えながら魚介類のうま味を堪能できる。
 連盟の担当者は「刺し身や、それ以外の調理で舟盛りを丸ごと食べきってもらいたい。越前町の新鮮な魚介を堪能し、新たな楽しみを見つけてもらえたら」と話している。
 提供店は町内の旅館など六施設。料理店は三千円ほどから、旅館は宿泊込みで一万円前後から提供する。一部施設を除き、十四日から販売を開始した。(問)越前町観光連盟=0778(37)1234
 ◇越前NEW舟盛の提供店 越前の宿うおたけ、旅館うらしま、民宿けいしん、甚平旅館、海の幸食処えちぜん、蟹かに亭

関連キーワード

おすすめ情報