本文へ移動

春の山菜ワラビにょきっ! 永平寺の山林

2021年4月15日 05時00分 (4月15日 05時01分更新)
みずみずしいワラビを摘み取る河合さん(右)ら=永平寺町松岡志比堺で

みずみずしいワラビを摘み取る河合さん(右)ら=永平寺町松岡志比堺で

 新緑の鮮やかな季節になり、県内の山々では春の山菜シーズンを迎え、越前ぎんなん生産組合代表の河合康二さん(72)が所有する永平寺町松岡志比堺の山林では、自生のワラビが広がっている。
 前年の枯れたワラビが残る緩やかな斜面に群生しており、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報