本文へ移動

【J1名古屋】広島を1-0完封で連勝 丸山先制ゴール、818分間無失点はJリーグ記録を更新

2021年4月14日 21時28分

このエントリーをはてなブックマークに追加
前半、先制のゴールを決め喜ぶ丸山(左端)ら名古屋イレブン

前半、先制のゴールを決め喜ぶ丸山(左端)ら名古屋イレブン

◇14日 J1第19節 名古屋1―0広島(豊田ス)
 名古屋グランパスは広島に勝ち、11日の大分戦(昭和電ド)に続く連勝を記録。開幕から10戦無敗とし、勝ち点を「26」に伸ばした。
 グランパスは前半から高い位置で試合を展開。前半22分、FWマテウス(26)の左CKにDF丸山祐市(31)が頭で合わせて先制。1―0とした後もマテウス、柿谷らFW陣がスピード感のあるパス交換で広島を押し込んだ。
 後半、フィッカデンティ監督は早い時間帯からFW前田直輝(26)らを投入し前線からのプレッシャーを活性化。先手を打つ交代策で広島の反撃を封じ、手堅さを見せつけた。
 この試合で、グランパスは1993年に清水が記録して以来破られていなかった731分間のJ1連続無失点記録を更新。史上初の800分超えとなる818分間無失点。11日の大分戦で更新した連続無失点試合数のJ1記録も「9」に伸ばした。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ