本文へ移動

阿部寛、影響を受けた言葉は「自分の身は自分で守れ」 キンプリ高橋海人は役作りで?「2日に一度はラーメン食べてます」

2021年4月15日 04時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
スタジオセットで会見を行った(前列左から)南沙良、髙橋海人、阿部寛、長澤まさみ、及川光博、(後列左から)細田佳央太、鈴鹿央士、平手友梨奈、加藤清史郎、志田彩良

スタジオセットで会見を行った(前列左から)南沙良、髙橋海人、阿部寛、長澤まさみ、及川光博、(後列左から)細田佳央太、鈴鹿央士、平手友梨奈、加藤清史郎、志田彩良

 俳優阿部寛(56)主演のTBS系日曜劇場「ドラゴン桜」(25日スタート、日曜午後9時、初回は25分拡大)の制作発表が14日、横浜市内で開かれ、阿部をはじめ長澤まさみ(33)らキャスト陣が登場した。
 2005年に放送された前作から16年、原作は週刊漫画誌「モーニング」で連載された三田紀房さんの「ドラゴン桜2」が原作だが、今作では令和の時代に日曜劇場でやるべきエッセンスを取り入れたドラマオリジナルの展開が盛り込まれているという。
 暴走族上がりの弁護士、桜木建二を演じる阿部が、前作では「東大クラス」の教え子で、卒業後弁護士となって桜木の法律事務所に所属する水野直美役の長澤とともに破綻寸前の学園再建を請け負い、新時代の高校生に向かい合っていく物語だ。
 阿部は「前作の影響でハーバード大に入ったとか受験生に影響を与えたのはうれしかった。16年前とは勉強法も違うし、スマホもある。最前線、最新の勉強は、学生だけでなく大人が見ても参考になることがいっぱいあると思う」と強調した。
 桜木が発する心に刺さる言葉は、モヤモヤする毎日を送る大人たちにも爽快感を与えそうだが、阿部は自身が影響を受けた言葉について「デビューしたての22歳のころ、『自分の身は自分で守れ』と言われたのが『自分の演技に責任を持て』という意味で今でも残っている」と打ち明けた。
 今回弁護士として阿部とバディを組む長澤は「桜木先生の言葉に自分も鼓舞されていく。水野役を通して生徒の頑張り、社会の縮図を見てほしい」と語った。
 今作の東大合格を目指す「東大専科」の生徒役の1人、King&Prince・高橋海人(22)は姉の経営するラーメン店を手伝う姉思いの役。「男らしく武骨な人間。役作りで毎日といえばウソですが2日に一度はラーメン食べてます」と意気込みを語った。
 会見には1000人によるオーディションから選ばれた生徒役の南沙良(18)、平手友梨奈(19)、加藤清史郎(19)、鈴鹿央士(21)、志田彩良(22)、細田佳央太(19)と教頭役の及川光博(51)も出席した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ