本文へ移動

介護予防のご当地ソング発表 伊那の歌手・春日さん

2021年4月14日 05時00分 (4月14日 15時38分更新)
人生100年まつり旅・ふるさと伊那編を発表した春日さん=伊那市役所で

人生100年まつり旅・ふるさと伊那編を発表した春日さん=伊那市役所で

 歌や運動などを組み合わせた介護予防プログラム「音楽レクリエーション」を考案した伊那市富県の歌手春日くに子さん(74)が、自ら作詞と作曲、振り付けを手掛けた新曲「人生100年まつり旅・ふるさと伊那編」を発表した。介護予防や機能訓練に役立つご当地ソングとして伊那の歌手・春日さんが普及させたいと張り切っている。 (中沢稔之)伊那の歌手・春日さんが
 列車に乗って全国の祭りを巡り歩く歌詞をつくり、二〇一九年に発表した「人生100年まつり旅・新幹線巡り編」をアレンジ。天竜川のザザムシ、高遠城址(じょうし)公園の桜、中尾歌舞伎、ローメンなど、伊那の自然や文化を歌詞に盛り込み、腰をひねったり、両腕を上げたりと、誰でも簡単にできる振り付けで楽しく運動できるようにした。
 春日さんは東京都八王子市で音楽活動をしていたが、夫の介護で一七年に移住し、音楽スタジオと音楽レクリエーション専門員を養成する研修施設を開設した。「きれいな空気と水、地元の人々の温かさに触れ、伊那に住んで本当に良かったと思う。コロナ禍で対面での仕事が難しくなる中、この機会に一番やりたかった伊那編を制作することにした」と語った。
 「新幹線巡...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報