本文へ移動

幸田町が陥落、碧南市が首位へ 県内20年度「ふるさと納税」額

2021年4月14日 05時00分 (4月14日 15時19分更新)
4月から幸田町の返礼品に加わった「エアウィーヴ」の座布団

4月から幸田町の返礼品に加わった「エアウィーヴ」の座布団

  • 4月から幸田町の返礼品に加わった「エアウィーヴ」の座布団
 ふるさと納税の寄付額が県内で四年連続トップだった幸田町が、二〇二〇年度は碧南市に首位を明け渡す見通しとなった。町への寄付額は一九年度の三十八億四千万円余より三割ほど減って約二十七億円となる見込み。返礼品の数とPR戦略の充実で急伸する碧南市が幸田町を二億円ほど上回りそうだ。 (鈴木渉太)
 幸田町によると、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

愛知の新着

記事一覧