本文へ移動

厩舎再建へ助成金100万円 JAぎふ、岐阜大馬術部に

2021年4月14日 05時00分 (4月14日 11時38分更新)
寄付金の目録を受け取った岐阜大馬術部の水野主将(前列中央)ら=岐阜大で

寄付金の目録を受け取った岐阜大馬術部の水野主将(前列中央)ら=岐阜大で

  • 寄付金の目録を受け取った岐阜大馬術部の水野主将(前列中央)ら=岐阜大で
  • 仮設厩舎で馬を世話する馬術部員=岐阜大で
 JAぎふ(岐阜市)は十三日、全焼した厩舎(きゅうしゃ)の再建を目指す岐阜大馬術部に助成金百万円を贈った。水野智絵主将(20)ら部員三人が同日、岐阜大学長室で、JAぎふの代表者から寄付目録を受け取った。
 昨年六月、大学内の鉄骨二階建て厩舎から出火し、延べ約二百五十平方メートルを全焼。四頭の馬全てが犠牲になった。漏電が原因とみられている。厩舎だった場所は...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報