本文へ移動

地域ごとに生活支援拠点 県が「障害者福祉プラン」策定 

2021年4月14日 05時00分 (4月14日 13時42分更新)
 県は障害者施策の新たな指針「あいち障害者福祉プラン」を策定した。障害者の重度化や高齢化、親が亡くなった後に備えるため、地域で相談や緊急時の受け入れなどを担う体制「地域生活支援拠点」を二〇二三年度までに、各市町村ごとか県内十一の障害福祉の圏域単位で少なくとも一つ設けることを目標に掲げている。 (戸川祐馬)
 地域ぐるみの支援はこれまでの指針にも盛り込まれていた考え方だが、県内で体制を整備したのは...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

愛知の新着

記事一覧