本文へ移動

捕手のセカンド送球 速くするには

2021年4月14日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
 【質問】3月の大会が終わってからキャッチャーになりました。セカンド送球を速くする方法を教えてください。 (世田谷区 G君=小6)
 【答え】キャッチャーは守備の要として、とても重要なポジションです。監督さんや仲間の期待に応えましょう。素早い送球をするためのポイントは下半身の使い方とフットワークです。捕球したボールを右手に持ちかえてから投げるまでのわずかな時間にフットワークを生かして図のような正しいステップをしましょう。このステップをミスすると正確な送球はできません。
 いい送球をするには準備が大切です。一塁に走者が出たら、いつ走者が走っても対応できるように左足をやや前に出してステップがしやすい構えをします。走者がスタートを切ったら図のようなステップで送球します。右足(1)からステップし、左足(2)を踏み出します。左足は大きく踏み出さないように気をつけます。体重が前にかからず強い球を投げることができなくなります。練習としてはキャッチボールの終わりによくやっている至近距離から投げあう“ケンカキャッチボール”が最も効果があります。ステップの間に、すぐボールを耳の後ろに持ってくる練習を繰り返すと必ず素早い送球ができるようになります。 (慶大野球部元監督)
 【水、土曜日連載】
 ◆質問大歓迎 質問はメールかFAX03(3595)6937へ。
 〈質問メールアドレス〉sho79@siren.ocn.ne.jp

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ