本文へ移動

羽田美智子が“念願”の詐欺師役オファーに「キター!」と大喜び、完璧な役作りにノリノリ

2021年4月14日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
初の詐欺師役に挑む羽田美智子

初の詐欺師役に挑む羽田美智子

 女優羽田美智子(52)が、6月5日スタートのフジテレビ系ドラマ「#コールドゲーム」(土曜午後11時40分、東海テレビ制作)で主演を務めることが決まった。羽田が演じるのは前科2犯の天才詐欺師。意外にもオファーに「キター!」と大喜びし、初の役柄に意欲満々で挑む。これまでさまざまな役を演じてきた羽田が、“念願”の詐欺師役でどのように魅了するのか注目だ。
 今作は「オトナの土ドラ」シリーズ第34弾。隕石(いんせき)衝突の影響からマイナス45度の氷河期に突入した地球で、生き抜くために偽装家族となる主人公らの姿を描く。昨年、土ドラ枠で放送された羽田主演の「隕石家族」の制作チームが再結集した。
 羽田演じる天才詐欺師・木村祥子は刑務所に服役していたが、氷河期の混乱のなか脱走、生き残った人たちが集まる避難所第七支部に逃げ込む。羽田は「実は私、ずっと詐欺師役をやってみたかったんです! だから、『あーっ! キター!』と思いましたね」と明かす。自身は不器用でドジだと自虐的に語るが、祥子は詐欺師だけあって実行力や計画力、ハプニングに対応できる順応力や決断力もある人物。羽田は「祥子は完璧な女性です。性格が自分とは真逆なので、歩き方や立ち方も意識的に変えています」と役作りにも余念がない。
 避難所での配給などが家族優先に行われるため、祥子は夫や息子、娘になりそうな生存者と偽装家族「木村家」をつくる。避難所で大人気のイケメンの息子・大輝を結木滉星(26)、頭脳明晰(めいせき)な高校生で人生に冷めている娘・陽菜を久間田琳加(20)、人が良すぎて無害の夫・隆をお笑いコンビ「ずん」やす(51)が演じる。避難所第七支部を取り仕切る支部長・如月雄一郎役で中村俊介(46)も出演する。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ