本文へ移動

エンゼルス大谷が今季初の3安打で3打点と大暴れ!7回にはもう少しでスタンドインの二塁打も【MLB】

2021年4月13日 12時25分

このエントリーをはてなブックマークに追加
7回に2点二塁打を放った大谷(AP)

7回に2点二塁打を放った大谷(AP)

◇12日(日本時間13日)MLB ロイヤルズ3―10エンゼルス(カンザスシティー)
 エンゼルスの大谷翔平選手は2番DHでスタメン出場。5試合連続ヒットの3安打で躍動した。大谷のマルチ安打は今季4度目。3安打は今季初。
 大谷は初回、レフト前ヒットで連続試合安打を5に伸ばした。その後3回には二ゴロ併殺打、5回は遊ゴロが敵失に。いずれもチームに得点は入ったが、ストレスのたまる打席になった。
 鬱憤(うっぷん)を腫らしたのは7回2死二、三塁だった。シンガーから右翼へ痛烈なライナーの飛球。もう少し角度がつけば本塁打という二塁打で2点を加えた。
 9回はレフトへのタイムリー二塁打。3安打3打点の活躍ぶりだった。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ