本文へ移動

私宅監置 消された沖縄の精神障害者

2021年4月13日 05時00分 (4月13日 05時01分更新)
沖縄に残る監置小屋の遺構=原さん提供

沖縄に残る監置小屋の遺構=原さん提供

  • 沖縄に残る監置小屋の遺構=原さん提供
  • 10年がかりで映画を完成させた原義和さん=東京都豊島区で
  • 映画製作のきっかけになった写真=原さん提供
 精神障害者を自宅の一室や粗末な小屋に閉じ込める「私宅監置」が認められていた時代があった。明治時代に合法化され、1950年に法が廃止されたが、沖縄では72年の日本復帰時も続いていた。沖縄戦で心に傷を負った結果、隔離に至った人も多いといわれる。戦争と共に沖縄の人たちが長く担わされた「もう一つの犠牲」とはどんなものだったのか。
 (木原育子)

本土廃止後、20年超続く 実態を映画化

 垂れ流されたままの排せつ物、浮き出る肋骨(ろっこつ)、生気なく天を見上げる無精ひげの男性がいれば、相手を射抜くような眼光を檻(おり)の外に向ける人もいる−。
 沖縄における私宅監置の調査のため、六〇年代に国が初めて派遣した東京の精神科医が撮影した写真。フリーのテレビディレクターだった原義和さん(51)は二〇一一年、別の取材の過程で手に入れあまりに悲惨な状況にショックを受けた。
 一九〇〇(明治三十三)年施行の精神病者監護法で精神障害者は社会にとって危険とされ、取り締まりの対象になった。監置の責任は家族が負わされ、自宅一部を仕切った座敷牢(ざしきろう)や小屋での監禁が合法化された。法廃止後も、米国の統治下にあった沖縄では...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

特報の新着

記事一覧