本文へ移動

ソングライン騎乗の池添騎手が無念のツイート「そういうのが起こるのも競馬 ただ…不完全燃焼」【桜花賞】

2021年4月12日 19時24分

このエントリーをはてなブックマークに追加
池添謙一騎手

池添謙一騎手

◇11日 桜花賞(G1・阪神・芝1600メートル)
 日本中央競馬会(JRA)の池添謙一騎手(41)=栗東・フリー=が12日、ツイッターを更新。桜花賞で騎乗した7番人気のソングラインが、道中で不利を受けて15着に終わったことを、ファンへの謝罪とともにを振り返った。
 「そういうのが起こるのも競馬 ただ…不完全燃焼。ソングライン応援してくれた皆さんすいません」
 ソングラインは中団好位につけた3角手前、内から斜行したメイケイエールに馬体をぶつけられ、外へ外へと追いやられる形に。コーナリングのロスもあって、直線で伸びを欠いた。レース後、池添は「そこで(馬の)気持ちが切れた」と無念のコメントを残していた。
 馬券を買っていたフォロワーも多かったようだが、致命的な不利は把握済み。「人馬共にけがなどなくてよかったです」「G1の使者謙一ってことで、これからも買い続けます」などとコメントは、温かいエールが大半だった。
 レースは2番人気のソダシが制し、白毛馬として史上初めてクラシック制覇を果たした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ