本文へ移動

寮の掃除サボって昨秋ベンチ外…プロ注目の亜大・松本が2年秋以来の完封「平内さん以上の活躍を」

2021年4月12日 17時54分

このエントリーをはてなブックマークに追加
2安打完封で今季初勝利の亜大の松本健吾投手

2安打完封で今季初勝利の亜大の松本健吾投手

◇12日 東都大学野球 亜大2―0駒大(神宮)
 亜大のプロ注目右腕、松本健吾投手(4年・東海大菅生)が2年秋以来の完封勝ちで今季初勝利を挙げた。140キロ台中盤の直球とツーシームを武器に被安打2、3四死球。「自分ひとりで投げきるつもりでした。終盤にちょっとボールが弱くなった。もっと練習しないと」。前週の中大戦で6イニング1失点から中2日。チームが負けた悔しさもあり、この日の先発を志願。生田勉監督(54)から「先発完投だぞ」と言われていたのにきっちりこたえた。
 昨秋はリーグ戦登板がなかった。巨人ドラフト1位の平内ら投手陣がしっかりしていたのもあるが、寮の掃除当番をサボったことでベンチを外された。生田監督が明かす。「本人は投げさせてもらえると思ったかもしれませんが、サボった人は使わないと言っている」。苦いシーズンを過ごして、投手陣の柱として精神的にも成長したところを見せた。
 チームはこれで2勝3敗と浮上の兆し。エース右腕は「平内さん以上の活躍をしたい」と力を込めた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ