本文へ移動

ルメール「18番ありがとうございます」サトノレイナス、大外枠からの2着に“エスプリ”コメント【桜花賞】

2021年4月11日 18時06分

このエントリーをはてなブックマークに追加
2着のサトノレイナス

2着のサトノレイナス

◇11日 桜花賞(G1・阪神・芝1600メートル)
 先に抜け出したソダシをターゲットに気迫の末脚を放つ。ラスト200メートルから鋭く反応したサトノレイナスが、矢のように伸びてライバルに肉薄。だが、首差に迫ったところが無情のゴールだった。鼻差で涙をのんだ阪神JFに続く銀メダル。またしても白い影を抜き去ることはできなかった。
 「18番ありがとうございます」。レース後、ルメールはこう切り出した。大外枠だったことで、コースロスが生じた形。自虐的にあえて明るく振る舞う姿に、悔しさがにじむ。それでも4コーナー16番手から、32秒9のメンバー最速の上がり3Fタイムを記録。並ではない力は十分すぎるほど見せてくれた。「いい競馬はしてくれました」。パートナーをねぎらった名手は「オークスに行きましょう」と続け、府中でのリベンジを誓った。
 管理する国枝師は「敗軍の将、多くを語らず」と話すと「枠が内であれば、ある程度のポジションには行けたでしょう。本質的にマイルはこの馬には忙しいですからね」。2400メートルの東京を見据え、しっかりと前を向いた。さあ、オークスへ。末脚に磨きをかけ、樫の舞台で逆転を狙う。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ