本文へ移動

開山和尚600回忌法要、伊賀・広禅寺 11日から特別御朱印授与

2021年4月11日 05時00分 (4月11日 13時35分更新)
600回忌であいさつする南沢貫首(中)=伊賀市上野徳居町で

600回忌であいさつする南沢貫首(中)=伊賀市上野徳居町で

  • 600回忌であいさつする南沢貫首(中)=伊賀市上野徳居町で
  • 開山600年記念の特別御朱印=伊賀市上野徳居町で
 伊賀市上野徳居町の広禅寺で十日、開山した快翁玄俊大和尚の六百回忌があった。曹洞宗大本山の永平寺(福井県永平寺町)の南沢道人(どうにん)貫首(93)ら約百二十人が参列し、改修したばかりの本堂で厳かに法要が営まれた。十一日からは、開山六百年を記念した特別御朱印を授与する。 (新居真由香)
 寺は一四一四年に開山し、和尚は一四二一年に亡くなったとされる。法要では、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報