本文へ移動

大谷翔平は時速32・9キロの俊足跳ばし三塁打!歴代の快速王と比較されるも…総合力は大谷の方が?【MLB】

2021年4月11日 12時05分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ブルージェイズ戦の初回に三塁打を放った大谷(AP)

ブルージェイズ戦の初回に三塁打を放った大谷(AP)

 エンゼルスの大谷翔平選手(26)は10日、敵地トロントでブルージェイズ戦に「2番・指名打者」で先発。1回の第1打席で、外角低めの79マイル(127キロ)カーブに泳ぎながら、ほぼ片手で拾った打球は右翼線へポトリ。快足を跳ばして三塁に到達し、4試合連続安打をマークした。
 大リーグ公式データ解析システムのスタットキャストは「スプリント・スピードはエリート級の毎秒30フィート(時速32・9キロ)にほぼ近い毎秒29・2フィート(時速32キロ)だった。ちなみに、大リーグ平均は毎秒27フィート(時速29・6キロ)」と伝えた。
 大谷は6日に二盗を決めた際も、大リーグ全体で上位3割に位置するスプリント・スピード時速31キロをマークした。
 中継局BSウエストのグビザ解説者は「翔平が走るのを見るのが大好きなんだよな。往年のデボン・ホワイトやウィリー・ウィルソンをほうふつとさせるんだ」とコメント。エンゼルスOBのホワイト元外野手は通算346盗塁、ウィルソン元外野手(元ロイヤルズなど)は歴代12位の668盗塁を誇る。
 すると、同局のサットン・アナウンサーが「でも、デボンもウィリーも投手で98マイル(158キロ)は投げられないよね」と、投打の二刀流をこなす豪腕・大谷を引き合いに出して突っ込み、一同から笑いが起きた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ