本文へ移動

【MLB】ダルビッシュが感涙こらえ、テキサスでほおばった「ソウルフード」

2021年4月11日 09時40分

このエントリーをはてなブックマークに追加
パドレスのダルビッシュ有(AP)

パドレスのダルビッシュ有(AP)

 パドレスのダルビッシュ有投手(34)が11日、自身のブログを更新。自身のルーツと「ソウルフード」をめぐる、心温まるエピソードを紹介した。
 
 「すごく美味しいのと、優しさで食べながら泣きそうになりました」。
ダルビッシュが「号泣」の絵文字とともに紹介したのは、敵地・テキサスでの出来事。メジャー挑戦した初年度の2012年から17年まで在籍したレンジャーズのクラブハウスで働くイラン人スタッフとの交流だった。
 
 イラン人の父と日本人の母の間に生まれたダルビッシュは、幼少期からイランの食べ物も食べていたという。「その中でも好きだったのが『ゴブルサブズィ』。名前が合っているかはわかりません笑」。ダルビッシュがクラブハウスでイラン人スタッフと「ソウルフード」の話をしていると、翌日…。「お父様に作ってもらって持ってきてくれたんです」。スタッフの思いやりと心遣いに大感激のダルビッシュ。ブログでは「ちなみに持ってきてくれた当人はこの料理がイランの料理で一番嫌いだそうです笑」としっかり〝オチ〟までつけ、胃袋でハートをしっかりチャージした様子をつづった。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ