本文へ移動

久保建2試合ぶりに先発 果敢な突破を現地紙「意図はとても良かった」と評価したが不完全燃焼

2021年4月10日 23時22分

このエントリーをはてなブックマークに追加
久保建英

久保建英

 サッカーのスペイン1部リーグでヘタフェのMF久保建英(19)は10日、ホームでの第30節・カディス戦に2試合ぶりに先発出場。後半6分までプレーしたが結果を残せず、チームも0―1で敗れた。
 3月下旬のU―24日本代表戦では同アルゼンチン代表相手に2アシストするなど結果を残した久保建は、前節・オサスナ戦(3日)ではわずかな出場時間に限られたが、2桁順位でともに残留争いの渦中にある“ライバル”との一戦でスタメン起用された。
 攻撃的な右サイドの2列目に入った久保建は前半7分に巧みなドリブルで相手マーカーに尻もちをつかせるなど積極的に仕掛け、見せ場はつくった。しかし、ヘタフェ、カディスともに手堅い試合運びの中、久保建にも決定機は訪れず、チーム1人目の交代でピッチを去った。
 現地紙「マルカ」電子版は久保建の果敢な突破を「タケ(久保建)の意図はとても良かった」と評価したが、試合結果、約50分間のプレー時間もなど含め、久保建にとっては不完全燃焼な試合となった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ