本文へ移動

ゆるキャン効果で訪問増 磐田の観光施設、登場メニューや演出

2021年4月11日 05時00分 (4月11日 05時03分更新)
アニメに登場する鳥居と朝日を眺める女性=磐田市の福田海岸で(2020年12月)

アニメに登場する鳥居と朝日を眺める女性=磐田市の福田海岸で(2020年12月)

  • アニメに登場する鳥居と朝日を眺める女性=磐田市の福田海岸で(2020年12月)
  • 「しおさい竜洋」でメニューに加えた「おもろカレー」=磐田市駒場で
  • こんろ(左手前)を流用した料金入れと、犬みくじの「しっぺいおみくじ」=磐田市の矢奈比売神社で
 女子高生たちがアウトドアライフをのんびり楽しむ人気アニメ「ゆるキャン△SEASON2」に登場する磐田市に、アニメファンが訪れている。市内の観光施設では、アニメのシーンと同じポーズで写真を撮ったり、登場したキャンプ場に泊まったりしている客の姿があちらこちらで見られる。これを商機と捉え、アニメに登場するメニューの販売を始める人も出ている。 (宮沢輝明)
 「砂浜に『ゆるキャン』と書いてあるのを見ました」というのは、年末年始に福田海岸に鳥居を設けた「福田海岸通り発展会」の石山芳行さん。アニメでは、主人公の一人が初日の出を見に来るシーンがある。年末には、鳥居から昇る朝日を動画に収めたいという県外の若い女性ファンが「アニメと同じ。今夜は近くの竜洋海洋公園オートキャンプ場(同市駒場)に泊まります」と感激していたという。
 このキャンプ場の職員は「アニメに登場する管理棟や、主人公がテントを張った付近を撮影する人が増えました」と話す。隣接する商業施設「しおさい竜洋」では、アニメに登場する市のB級グルメ「おもろカレー」をメニューに加えた。
 アニメの主人公の女子高生たちを追い掛ける実世界の男性たちの来訪も。
 市中心部の矢奈比売神社では、権禰宜(ごんねぎ)の古田健一郎さん(44)が「これまで少なかった男性の一人客や数人のグループ客が増えている気がします。アニメの主人公のファンなのでは」と推測する。アニメに登場する「犬みくじ」を買って手にし、写真撮影する姿が目立つという。おみくじの売り場の近くに、さい銭箱を小さくしたような一人用のバーベキューこんろを料金入れとして置いたところ、こちらも評判になっている。
 市では、市観光協会と連携したグッズの作製や、竜洋海洋公園オートキャンプ場を活用したイベントなどを考えている。

関連キーワード

PR情報