本文へ移動

そば打ち、特産品いかが 南木曽に「三留野宿」オープン

2021年4月11日 05時00分 (4月11日 05時00分更新)
新しくオープンした特産品販売所「道のオアシス 三留野宿」=南木曽町で

新しくオープンした特産品販売所「道のオアシス 三留野宿」=南木曽町で

 南木曽町の国道19号沿いに、そば打ちや木工体験が楽しめる特産品販売所「道のオアシス 三留野宿」がオープンした。道の駅がない町内に代替施設を設けようと、地元の農家や木工職人、雑貨屋店主らでつくる「中山道三留野宿町づくり組合」が空き店舗を活用した。
 昨年十月から準備に取り掛かり、三月上旬に開店。鉄骨二階建てで、一階には同町の伝統防寒着「なぎそねこ」や木曽ヒノキを使ったおもちゃ、漆塗りの食器など特産品が並ぶ。カフェも併設して県産そばやコーヒーなどが味わえる。
 二階ではそば打ちや五平餅作り、地元の木工所の端材を使って窓飾りや人形を作る教室が開かれる。講師は組合のメンバーが務め、参加費はいずれも五百円。
 建物はかつて農家の直売所として使われ、外装はそのまま。今後は町家風に改装し、現在は七台収容できる駐車場を拡張する予定。組合の田中晃さん(67)は「地元の魅力を発信するとともに文化を伝える体験型の施設にしたい」と意気込む。 (戸田稔理)
記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

長野の新着

記事一覧