本文へ移動

【ヤクルト】村上5試合ぶり本塁打リーグトップタイ5号2ラン「たまたま甘いところにきた」

2021年4月10日 20時08分

このエントリーをはてなブックマークに追加
村上(左)に左越え2ランを浴びる柳

村上(左)に左越え2ランを浴びる柳

◇10日 中日2―2ヤクルト(バンテリンドームナゴヤ)
 完全復調へ手応えありの快音だった。ヤクルトの若き主砲・村上が5試合ぶりの一発をマーク。1点を追う4回1死一塁、フルカウントから中日先発・柳の外角高め直球を左翼席中段に運んだ豪快弾は、リーグトップタイの5号2ランだ。
 「逆方向を狙って、たまたま甘いところにきたので振り抜きました」。開幕から2カード終了時点で計2安打と苦しんでから7試合連続安打と上り調子。コロナ感染の影響で主力を欠く打線の中心で獅子奮迅の活躍を続けている。
 そんな村上は本塁打について「いつ出てもおかしくない状態」と強調。13試合目での5発は36本塁打を放った2019年よりもハイペースだが「また明日、その先が大事になってくる。もっと集中していい状態を続けていきたい」と気を引き締めた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ