本文へ移動

打率は低いけどいいバッターとは?

2021年4月10日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
 【質問】プロ野球中継で、解説者が「この選手は打率は低いけど、いいバッターですね」と言ってました。いいバッターとは何ですか。 (名古屋市昭和区 K・T君=中2)
 【答え】その放送の状況が具体的にわかりませんが、いい打者といわれる選手の特徴を教えましょう。イチロー選手のように走攻守三拍子そろっている選手は誰が見てもいいとわかりますね。一般的には、チームメートや首脳陣の期待に応える選手が、いい選手です。1番打者は俊足で選球眼が良く四死球やエラーも含めて出塁が多い選手、2番はバントがうまい選手、そしてクリーンアップには長打力もあり勝負強い選手が求められますが、それぞれの打順の役割をうまくこなせるのはいい選手と言っていいでしょう。
 進塁打やバント、バスター、スクイズ、ヒットエンドランなどをそつなく結果を出す選手は貴重な戦力になります。バッティングは3割打てば一流と言われますが、打率はもっと低くても、このような働きができる選手は少なくありません。私たちの時代の代表格は巨人V9戦士の土井正三選手です。通算打率は2割6分ほどでしたが、2番打者として、いぶし銀の活躍をしました。バットを短く持って、ファウルで粘るなど三振が少なく相手にとってはいやらしい選手でした。いい打者とは、必要な時にその状況に応じて力を出せる打者だと思います。(慶大野球部元監督)
 【水、土曜日連載】
 ◆質問大歓迎 質問はメールかFAX03(3595)6937へ。
 〈質問メールアドレス〉sho79@siren.ocn.ne.jp

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ