本文へ移動

客引き違反、許さない JR静岡駅前北側繁華街に禁止区域

2021年4月10日 05時00分 (4月10日 05時01分更新)
協力する飲食店で条例の全面施行を周知する客引き行為等対策指導員=静岡市呉服町で(市提供)

協力する飲食店で条例の全面施行を周知する客引き行為等対策指導員=静岡市呉服町で(市提供)

 静岡市客引き行為等の禁止に関する条例が全面施行され、JR静岡駅前北側繁華街の客引き行為に罰則が設けられた。客引き行為等対策指導員が巡回指導をしている。 (中川紘希)
 条例は、通行人への付きまといや立ちふさがりなどで苦情が多かった同繁華街を禁止区域に指定。違反行為を繰り返した場合、罰則五万円を科し、店舗名などを公表することとした。
 対象は静岡駅から青葉通りまでのエリアで、呉服町や両替町、紺屋町などが含まれる。
 今月一日に施行され、静岡駅北口地下広場で、対策指導員となる警察OB三人が田辺信宏市長から辞令を受け取った。啓発キャンペーンとして、市長や地元商店街、県警とチラシ六百部を配布した後、客引きに関わらない宣言をした協力店を回り、全面施行について啓発した。
 市生活安心安全課の担当者は「客引きをゼロにするのは難しい。市民の協力も得ながら条例の周知啓発を進めたい」と話した。
 市は客引きを「しない・させない・業者を利用しない」と宣言する店舗を募集している。(問)同課=054(221)1058

関連キーワード

PR情報