本文へ移動

リコール問題、横井氏「謝罪と説明を」 河村氏「見抜けず責任」 本社で討論会

2021年4月9日 05時00分 (4月9日 09時20分更新)
 十一日告示の名古屋市長選に向け、中日新聞社は、主要候補となる現職河村たかし氏(72)と元市議会議長の横井利明氏(59)を招いた討論会を本社で開いた。争点となる河村市政三期十二年の評価を中心に、署名偽造問題が発覚した大村秀章愛知県知事に対するリコール(解職請求)運動、新型コロナウイルス対策などを巡り、論戦が展開された。
 河村市政三期を、河村氏本人は「百三十点」と採点。「子どもに対する名古屋の政治は温かい」と述べ、常勤スクールカウンセラー設置などの実績を挙げた。横井氏は「最初の二年間は八十点付けてもいい」としながら、国や県、近隣市町村との関係に問題があるなどと指摘し「今は落第点」と評価した。
 リコール署名は、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

PR情報

リコール署名偽造の新着

記事一覧