本文へ移動

高校生と高齢者、カフェで活躍 豊田「ほがらかふぇ」新装開店

2021年4月8日 05時00分 (4月8日 12時54分更新)
「ほがらかふぇ」で働く高校生や年配の男性ら=豊田市元城町で

「ほがらかふぇ」で働く高校生や年配の男性ら=豊田市元城町で

  • 「ほがらかふぇ」で働く高校生や年配の男性ら=豊田市元城町で
  • 新装開店した「ほがらかふぇ」=豊田市元城町で
 地元産の食材を使った料理が味わえる豊田市元城町のレストラン「ほがらか」が先月末、「ほがらかふぇ」に看板を替え、新装開店した。異なる世代が一緒に活躍できるように、高校生や認知症の高齢者がボランティアとして店で働く。運営会社ナクア(豊田市)の山中佳織取締役(48)は「ハンディがある人も感謝される場をつくりたい」と願っている。(籔下千晶)
 とよたエコフルタウンの敷地内にある店は、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報