本文へ移動

名古屋入管女性死亡 支援団体が3回目の申し入れ「死因早期公表を」

2021年4月8日 05時00分 (4月8日 12時37分更新)
 名古屋市港区の名古屋出入国在留管理局(入管)に収容されていたスリランカ人女性(33)が三月六日に死亡した問題で、同市の難民支援団体STARTが七日、名古屋入管に女性の死因などを早期に公表するよう求める申し入れ書を提出した。
 申し入れ書では、名古屋入管が女性の仮放免を不許可とした理由や、女性が求めた点滴をしなかった理由など...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

愛知の新着

記事一覧