本文へ移動

幸運と不運は紙一重…7日の中日対DeNA戦で感じた野球の理不尽 数字を見れば見るほど“不思議の勝ち”

2021年4月8日 11時08分

このエントリーをはてなブックマークに追加
3回表を終え、グラブをたたいてベンチに戻る勝野

3回表を終え、グラブをたたいてベンチに戻る勝野

◇渋谷真コラム・龍の背に乗って ◇7日 中日3ー1DeNA(バンテリンドームナゴヤ)
 同じ5イニングを投げて、6安打、4四球の勝野が無失点で勝ち投手になり、3安打、1四球の入江は3点を失って2敗目がついた。野球とは時に理不尽だ。まさに不思議の勝ち。分岐点は先制した2回の攻撃と、直後に最大のピンチを迎えた3回の守備だった。
 2死一、二塁。根尾のカウントが1―1になったところで、入江がボークを犯した。前日はラミレス前監督が犠打を好まなかったことを書いたが、逆に好んで多用した策がある。昨季の55敬遠は、12球団断トツ。投手のミスとはいえ、走者が進んで一塁が空いた。昨季なら恐らく埋めただろう。次の勝野は通算30打数2安打、23三振! 打撃は苦手だ。しかし、投手出身の三浦監督はそうしなかった。まだ序盤。敬遠しての満塁を切り抜けても、3回が1番から始まるのを嫌がったのだ。
 ストライクゾーンを広く使い、根尾を三ゴロに打ち取った。正解だったはずの選択を、吹き飛ばしたのは宮崎の悪送球だった。ボークで広がった好機を、敵失で得点する。おいしすぎる展開は、3回は1死からの連打と四球で塁が埋まった。ミスを挽回しようと、初球から振ってきた宮崎の打球は、阿部の正面に飛んだ。京田→ビシエドと渡って併殺。再び宮崎が救ってくれた。
 「悪いときはイメージも悪くなって、何かを変えようという気持ちになってしまっていた。あそこは自分が変わるんじゃなく、やることをしっかりやろうと…。運も良かったです」
 勝敗を分けた144キロを、勝野はこう振り返った。思わず調べた。宮崎にとっての名古屋は、鬼門なのではないかと。昨季の対戦、ホーム(横浜)では打率3割3分3厘(45打数15安打)、2本塁打、5打点なのに、ビジター(ナゴヤドーム)では1割2分1厘(33打数4安打)、打点なしの4併殺。しかし、2年前は3割5分7厘、3年前は3割5分6厘と打っていた。そう。幸運と不運は紙一重。油断と侮りは流れを変える。不思議の勝ちを拾えているうちに、チームを立て直すべし…。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ