本文へ移動

<愛される街へ 愛西市長選を前に> (上)旧八開、立田村内の学校統廃合計画

2021年4月8日 05時00分 (4月8日 11時58分更新)
息子とともに、通勤客に学校統廃合問題について書かれたチラシを配る飯尾さん(左から2人目)=愛西市勝幡町で

息子とともに、通勤客に学校統廃合問題について書かれたチラシを配る飯尾さん(左から2人目)=愛西市勝幡町で

  • 息子とともに、通勤客に学校統廃合問題について書かれたチラシを配る飯尾さん(左から2人目)=愛西市勝幡町で
 三選を目指す現職の日永貴章さん(47)と、新人で共産党尾張南地区委員長の松崎省三さん(74)が出馬を表明した、愛西市長選(十一日告示、十八日投開票)が迫る。市は合併から十五年以上がたつにもかかわらず、旧四町村の利害が絡んだ問題もある。すべての住民に愛される街となるために、何が必要なのかを探った。 (深世古峻一)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報