本文へ移動

富山県内 29人新規感染 新型コロナ 会食クラスター2件

2021年4月8日 05時00分 (4月8日 10時02分更新)
 富山県と富山市は七日、県内の男女二十九人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。うち富山市の三十代男性ら五人と同市の二十代男性ら五人がそれぞれ自宅などで会食していたことも明かし、県内で十三、十四例目のクラスター(感染者集団)が発生したとの認識を示した。
 一日当たりの感染者の公表は一月六日の三十二人、同八日の三十一人に次いで三番目の多さとなった。県内の感染者数は計九百九十四人となった。また、これまでに感染が確認された患者のうち、五人が変異株に感染していたことも発表。県内の変異株の感染者は計三十人となった。
 県と市によると、新規感染者は富山市の十代未満〜五十代の男女二十三人、滑川市の二十代男性二人、黒部市と高岡市、射水市の二十代男性各一人、小矢部市の六十代男性一人。
 このうち二十五人は、既に県内で感染が分かっている複数の患者と接触や会食などをしていた。残る四人は感染経路は不明。また富山市で発生した二件のクラスターの患者は、それぞれ同市の自宅などで複数回、会食を繰り返していた。
 県の木内哲平厚生部長は「年度初めの人の往来などで感染者が増えている。県民には引き続きマスク着用、手洗いの徹底など緊張感を持った対応を」と呼び掛けた。一方で県独自の感染拡大警報「富山アラート」を発令する考えは、現時点でないとの認識を示した。

関連キーワード

PR情報

北陸発の新着

記事一覧