本文へ移動

【中日】京田今季初2番で積極的に仕掛けたが4打数無安打 巻き返し誓う

2021年4月8日 06時10分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ティー打撃で福留(右)からアドバイスを受ける京田

ティー打撃で福留(右)からアドバイスを受ける京田

◇7日 中日3ー1DeNA(バンテリンドームナゴヤ)
 京田が今季初めて、2番で起用された。3回1死からセーフティーバントを試みる(結果は投飛)など積極的に仕掛けたが、4打数無安打。ここ4試合連続無安打で打率は急降下し、ついに2割を下回った。京田は「チームが勝ってくれたことは良かった。任せてもらった場所でしっかり仕事ができるように明日(8日)も頑張ります」と巻き返しを誓った。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ