本文へ移動

【J1川崎】300勝決めた!遠野大弥V弾 レンタル移籍から復帰の2年目が存在感「絶対負けないと思ってる」

2021年4月7日 22時44分

このエントリーをはてなブックマークに追加
川崎・遠野

川崎・遠野

◇7日 J1第8節 川崎1―0鳥栖(等々力陸上競技場)
 首位の川崎は途中出場のFW遠野大弥(22)が後半20分に決勝点を挙げて鳥栖に競り勝ち、J1通算300勝を達成した。1試合消化の多い昨季王者は、開幕9試合無敗で勝ち点25とした。
 メモリアル勝利のヒーローは22歳の伏兵・遠野だった。途中出場からわずか3分後の後半20分。敵陣ペナルティーエリア手前で縦パスを受けた遠野のトラップは前方に流れたが、再び球が目の前にこぼれてくると逃さない。「僕の特長はシュートを打つこと。結果を出すことが大事だった」。スライディングしながら右足で流し込み、決勝点を奪った。
 レンタル先の福岡から復帰したプロ2年目。同年代のFW三笘、MF田中、FW旗手らが五輪代表で活躍する姿に刺激を受け「絶対に負けないと思ってやっている」。人知れずライバル心を燃やし、千載一遇の好機で自慢の決定力を見せつけた。
 川崎は史上10クラブ目(1993年Jリーグ発足時に参戦していない後発組では3クラブ目)のJ1通算300勝に到達。21年前、現役として1勝目を勝ち取った鬼木監督は「ここから改めて自分たちらしく突き進んでいきたい」と話した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ