本文へ移動

浜松市立小・中学校で入学式

2021年4月8日 05時00分 (4月8日 05時03分更新)
緊張した面持ちで入場するわが子を見守るお母さんたち=浜松市中区の城北小で

緊張した面持ちで入場するわが子を見守るお母さんたち=浜松市中区の城北小で

  • 緊張した面持ちで入場するわが子を見守るお母さんたち=浜松市中区の城北小で
  • 名前を呼ばれ元気な声で手を上げる新1年生の児童=浜松市中区の城北小で
 浜松市立の小学校全九十七校と中学校全四十九校で七日、入学式があった。市立小学校の入学者数は計六千五百二十七人、市立中学校は計六千八百十四人。それぞれの希望を胸に、新たな生活の一歩を踏み出した。
 中区の城北小学校の式には、新一年生六十人と保護者らが出席。山田真代子(みよこ)校長は式辞で「皆さんが入学するのを楽しみに待っていました。あいさつや笑顔に気を付けて過ごせるといいと思います」と新一年生を迎えた。
 式の前後には、友達や保護者らと一緒に「入学式」と書かれた看板の前で記念撮影する姿も。新一年生の石塚つむぎさん(6つ)は「お友達ができてうれしかった。お勉強するのが楽しみ」と笑顔を見せた。
 式は新型コロナウイルス対策で昨年同様、来賓の出席や二年生による学校生活の紹介は中止し、国歌や校歌は曲だけを流した。 (糸井絢子)

関連キーワード

PR情報

静岡の新着

記事一覧