本文へ移動

千里浜にバイカー憩う場 レストハウスにカフェ 新設へ

2021年4月8日 05時00分 (4月8日 10時40分更新)
今月下旬にもバイカーズカフェをオープンさせる風間深志さん(右)と酒井光博社長=羽咋市千里浜町の能登千里浜レストハウスで

今月下旬にもバイカーズカフェをオープンさせる風間深志さん(右)と酒井光博社長=羽咋市千里浜町の能登千里浜レストハウスで

にぎわい創出 聖地狙う

 千里浜海岸を臨む羽咋市千里浜町の能登千里浜レストハウスに、早ければ四月下旬にもバイカーズカフェがオープンする。千里浜なぎさドライブウェイをゴールとするバイクイベント「SSTR」とコラボしたカフェ。全国のバイカーの聖地として新たなにぎわいの創出が期待される。 (沢田石昌義)
 カフェはレストハウス内のレストラン一画に新設する。レストラン横に幅約五十メートルにわたってウッドデッキを設け、オープンテラスから日本海の水平線とコーヒーが楽しめるため、話題を集めそうだ。
 七日には、レストハウスを運営する能登風土(七尾市中島町塩津)とイベントSSTRを仕切る風間深志事務所(東京都)との間に連携協定が結ばれた。イベントも発案した風間深志さん(70)は「バイカーにとって休憩と地元の人との交流ができる場所になる」と期待を寄せ、能登風土の酒井光博社長は「羽咋から能登を盛り上げていきたい」と話した。
 カフェの特色となるウッドデッキ設置の費用については現在、インターネットで資金調達するクラウドファンディングサービス「キャンプファイヤー」で賛同者を募っている。

関連キーワード

PR情報

石川の新着

記事一覧