本文へ移動

甲子園で伝統の一戦を観戦の桂文枝 阪神勝ったけど「素直に勝利を喜べない」スッキリとはいかず…

2021年4月7日 11時50分

このエントリーをはてなブックマークに追加
桂文枝

桂文枝

 落語家の桂文枝(77)が7日、自身のブログを更新。今季初めて甲子園球場で行われた6日の阪神―巨人戦(甲子園)を観戦したことを明かした。
 「大阪の感染者増えている中での伝統の一戦 人気のカードもこの有様」と人がまばらなスタンドの写真を添付。試合は7回降雨コールドゲームで阪神が勝ったが、「巨人軍は丸をかいてるし なんか素直に勝利を喜べない一戦でした もちろん勝ちは勝ち」と大のタイガースファンも新型コロナウイルスの影響で複雑な心境での観戦となった。
 1月には妻と母を相次いで亡くした文枝。「みなさんが心配してなんとか元気にと気遣ってくださって ありがたい話ですがあいにくの雨でスッキリとはいきませんでした」とつづった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ