本文へ移動

知事選 政財界有志が浜松市長に出馬要請へ

2021年4月7日 05時00分 (4月7日 16時20分更新)
鈴木康友市長

鈴木康友市長

 六月三日告示、二十日投開票の静岡県知事選に向け、県内の政財界の有志が、浜松市の鈴木康友市長(63)に出馬を要請する方向で調整を進めていることが分かった。関係者が明らかにした。
 鈴木氏は六日夜、本紙の取材に「(知事選に)出馬をするような状況にあるとは考えていない」と述べた。
 関係者によると、知事選まで残り二カ月となったことを受け、現在四期目の鈴木氏の浜松市長としての実績と経験を高く評価する政財界の有志が調整を始めた。近く出馬を要請するとみられる。
 知事選を巡っては、現職の川勝平太知事(72)が六日時点で出馬について明言していない。今後、鈴木氏に出馬を求める動きが広がれば、三期十二年の川勝県政に対して批判的な自民党県連などもこの動きに加わる可能性がある。現時点で出馬を表明している候補者はいない。
 鈴木氏は浜松市中区出身。旧民主党衆院議員を二期務め、二〇〇五年の衆院選で落選。〇七年の市長選に無所属で出馬し、現職らを破って初当選した。前回の一九年は自民党県連からの推薦を受ける無所属の新人らを破り四選を果たした。 (佐藤裕介)

関連キーワード

PR情報