本文へ移動

在宅ケアラーと地域つなぐ 東京の介護者支援団体 緊急カードなど届ける

2021年4月7日 05時00分 (4月7日 05時00分更新)
セットに入る「緊急引き継ぎシート」など

セットに入る「緊急引き継ぎシート」など

  • セットに入る「緊急引き継ぎシート」など
  • 包括の担当者らにセットの説明をするてとりんの担当者たち(左側)=愛知県春日井市の総合福祉センターで
 自宅で高齢者や障害者らを介護しているケアラー(介護者)に、地域とつながるためのグッズを届ける取り組みが進んでいる。コロナ禍で外出がままならない中、ケアラーは悩みを一人で抱え、孤立しがちだ。支援団体は「殺人や心中という最悪の事態に至らないよう、ケアラーとつながる第一歩に」と期待を寄せる。 (出口有紀)
 「ケアラーつながりセット」と名付けられたA5サイズの袋の中には、要介護者の状態やかかりつけ医などの情報を書いておく「緊急引き継ぎシート」や、介護者自身が持ち歩く「緊急カード」などが入っている。カードは、介護者が倒れた時などに備え、要介護者の名前や連絡先などを記しておけるようになっている。
 セットを作ったのは、東京のNPO法人「介護者サポートネットワークセンター・アラジン」。「自分がコロナになったら要介護の家族はどうなるのか」「感染防止のためデイサービスを休ませると家で一緒にいる時間が長くなり、ストレスがかかる」など、介護者からの切実な相談を受けて企画した。昨秋、クラウドファンディングで約百五十六万円の支援を集め、八百セットを作成。賛同した十五団体を通じてケアラーに配っている。
 「心身の不...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報