本文へ移動

聖火ランナー、人の縁に感謝 武豊・小寺さん、半田運河沿い走行

2021年4月6日 05時00分 (4月6日 12時17分更新)
聖火ランナーとして半田運河沿いを走る小寺さん=武豊町で

聖火ランナーとして半田運河沿いを走る小寺さん=武豊町で

 「いろいろな方に出会い、受け入れ、助けてもらってきた」。武豊町梨子ノ木の小寺岸子さん(54)が六日、東京五輪の聖火ランナーとして、半田運河沿いの約二百メートルを走る。突然の事故から三十四年。車いす利用者として「心身のバリアフリー」を目指し活動してきた。聖火リレーは、支えてくれた人たちへの「感謝のラン」だ。 (高田みのり)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報