本文へ移動

『Hey!Say!JUMP』岡本圭人が脱退 俳優業に専念へ 11日配信ライブが9人最後のパフォーマンス

2021年4月5日 22時17分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャニーズ事務所

ジャニーズ事務所

 2018年9月から約2年間、米国の演劇学校に留学していたアイドルグループ「Hey!Say!JUMP」の岡本圭人(28)が、今月11日をもってグループを脱退して俳優業に専念することになった。同日開催予定のグループの配信ライブで数曲、9人そろってのラストパフォーマンスを行う。脱退後もジャニーズ事務所には残留し、語学力と米国で学んだ演技力を生かしながら、父・岡本健一(51)のような実力派俳優を目指す。
 小学4年生から5年間、イギリスに留学していた岡本は、英語力を武器に2018年9月から米国の二年制演劇学校「アメリカン・アカデミー・オブ・ドラマティック・アーツ(ニューヨーク校)」で芝居を一から学び、人間的にもタレントとしても成長することを目的に留学、昨年7月に卒業していた。
 留学生活の中で、世界での活躍を夢見る仲間たちと過ごしていくうちに、役者として歩んで行きたいという思いが強くなったことを帰国後にメンバーに率直に伝えた。話し合いを重ねた結果、ほかのメンバーは岡本の意思を尊重し、送り出すことを決断したという。
 4月9~11日に開催する配信ライブの最終日の11日にメンバー9人で最後のパフォーマンスを行い、岡本は新たな道へと進む。事務所を通じて岡本は以下のコメントを発表した。

 いつも応援して頂いているファンの皆さま
僕、岡本圭人はHey!Say!JUMPを離れて、個人で役者として活動をしていくことにしました。この2年半海外で僕は演劇を学び、世界で活躍する夢に向かっている方々と一緒に過ごしていく中で、自分の人生について考える時間が多くなりました。
 これからの人生をどうやって歩んでいくか、そして1人の男としてかなえたい夢ができ、その夢をかなえるために僕はこれから役者として活動していきたいと思いました。
 メンバーにこの思いを伝えたところ、みんなが受け止めてくれたと同時に、これからの僕の人生を応援してくれて、「別々の道でも頑張っていこう!」と言ってくれました。
 Hey!Say!JUMPには本当に感謝の気持ちと愛しかありません。今日まで僕の復帰と9人での活動を心待ちにしてくれていた皆さま、僕の自分勝手な理由で皆さんのことを驚かせてしまって、本当に申し訳ございません。今後、皆さまに僕の新しい夢、新しい道を応援していただけるように一生懸命頑張ります。
 これからもよろしくお願いします。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ