本文へ移動

文系でも宇宙飛行士に JAXAが13年ぶり募集

2021年4月5日 16時00分 (4月5日 16時00分更新)
 宇宙空間で詩人が星々の美しさをたたえる日が来るかもしれない−。宇宙航空研究開発機構(JAXA)は今秋、「理系のみ」としてきた応募条件を撤廃して飛行士を募集する方針だ。月探査など、飛行士が活躍する舞台が増える見通しでもあり、十三年ぶりの募集となる今回は、医師やエンジニア、航空機パイロット出身者といった常連組にとらわれず、多彩な人材の獲得を目指している。
 「月探査を見据えた新時代の飛行士は理系か文系かではなく、任務に適応できるかどうかで選びたい」。JAXA有人宇宙技術部門の川崎一義事業推進部長は二月、JAXA主催のオンラインイベントで説明した。
 米国主導の月探査計画への協力を進める日本だが、飛行士の平均年齢は...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報