本文へ移動

「ゆるキャン△」モデル地巡りを 浜松市がマップ作製

2021年4月5日 05時00分 (4月5日 05時03分更新)
ゆるキャン△のモデル地を紹介するマップ=浜松市役所で

ゆるキャン△のモデル地を紹介するマップ=浜松市役所で

 浜松市は、キャンプをテーマにしたテレビアニメ「ゆるキャン△ SEASON2」に登場した県西部のモデル地を紹介するマップを作製した。アニメのシーンと現地の写真を並べて紹介し、ファンのモデル地巡りを後押しする。 (坂本圭佑)
 アニメは同市出身のあfろ(あふろ)さんによる漫画が原作。高校生がキャンプを楽しみ、県内各所がモデル地として登場。二〇一八年に第一作が放送され、今年一月からは第二作が放送されていた。
 マップはA3判の四つ折りサイズで、浜名湖の今切口や弁天島海浜公園、舘山寺温泉など、モデルとなった県西部のスポット十五カ所を紹介している。うなぎパイや浜松餃子(ギョーザ)など、市内七つのグルメも掲載。登場キャラクターの紹介や作品のあらすじのほか、天竜浜名湖鉄道といった地元の鉄道やオートバイなどの紹介も盛り込んだ。
 市観光・シティプロモーション課の担当者は「根強いファンが多く、一目でアニメのシーンと実際の場所が分かるように作った。モデル地を巡ってもらい、浜松の魅力を知ってもらうきっかけにしてほしい」と話した。
 マップは五万部を作製。市観光インフォメーションセンターや市役所、区役所、各観光協会などで配布している。

関連キーワード

PR情報