本文へ移動

四日市の飲食店で食中毒 営業禁止処分

2021年4月4日 22時31分 (4月4日 22時34分更新)
 三重県四日市市は4日、同市伊倉一の結婚式場「ラ・セーヌ・マリアージュ四日市」で、ノロウイルスを原因とした食中毒が発生したと発表した。
 市保健所によると、3月28日昼に食事をした2グループの計59人が、下痢や発熱などの症状を訴えた。このうち34人からノロウイルスを検出。また、59人とは別に調理を担当した2人からもノロウイルスが検出され、このうち1人が食中毒の症状を訴えた。全員快方に向かっているという。
 式場によると、当時、施設内の2会場で披露宴があり、2グループはその出席者だった。市保健所は4日、改善が確認できるまで両会場を営業禁止処分にした。

関連キーワード

PR情報