本文へ移動

中日サバイバルキャンプ 学生ボランティアを募集

2021年4月5日 05時00分 (4月5日 05時00分更新)
 中日新聞社は、今秋開く「備える!中日サバイバルキャンプ」の企画・運営を手伝う学生ボランティアを募集している。
 対象は、愛知県内の大学生・高校生。5月から毎月1回程度、中日新聞本社(名古屋市)で開かれるレクチャーに参加し、防災の知識を身に付けた上で、スタッフとして運営に協力してもらう。
 すべてのレクチャーに参加する必要はなく、途中の回からや本番当日だけの参加も可能。会場までの交通費は支給される。キャンプは2015年にスタートし、1泊2日の避難所生活で防災と減災の技を学ぶ体験プログラム。今年は10月下旬から11月上旬までの間に催す。
 ボランティア希望者は、同キャンプのホームページから申し込む。問い合わせは中日新聞社会事業部=電052(221)0955(平日午前10時〜午後6時)=へ。

関連キーワード

おすすめ情報

防災関連記事の新着

記事一覧