本文へ移動

<すいスイっと> (10)@名港水族館 ニシキベラ わし、映えるじゃろう

2021年4月5日 05時00分 (4月5日 05時00分更新)
 随分と年を取ってしまったが、わしは昔、お母さんだったかもしれんのじゃ。わしらの仲間はずっと雄のまま成魚になるやつもいるが、途中で雌から雄に変わるやつもいる。性転換じゃ。この水槽では三匹の雌と暮らすが、もしわしがいなくなると、三匹の中から雄になるのが現れるらしい。
 錦の名の通り、青色にオレンジ色が映えるじゃろう。しかも雄と雌とで少し違う色合いになる。
 ここに来てから二年以上。長生きした方じゃ。ゆっくり泳ぎ、海藻の上でしょっちゅう休むが、毎日優雅に過ごしておる。性別や外見が変わろうと、老いることは悪いことではないぞ。
 (写真・田中利弥、文・梶山佑)

 ニシキベラ スズキ目ベラ科。温帯の浅い岩礁やサンゴ礁にすみ、日本では本州以南でよく見られる。体長は10〜20センチほど。1匹の雄と複数の雌のグループを形成し、繁殖のために性転換をする。雄雌で体色が大きく異なる他のベラに比べ、差は小さい。

...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報